ライトプラン 詳細はこちら

ドローン(無人航空機)

最近テレビなどで放映されている空撮は、昔のようにヘリコプターなどから撮影されたものではなくドローンによって撮影されたものが多いようです。

バラエティー番組などでも、空からの映像が良く流れていますものね。

昔は、これほど手軽に使えるものはなく、せいぜいラジコンのヘリコプター、飛行機くらいでなかなか敷居の高いものでした。

このドローンが登場したことによって、利用範囲も広がり、使ってみようという人が一気に増えたようです。

ここ数年でその利用者数は急増し、性能も格段進歩しましたが、一方で航空機の安全性への配慮、人や器物への安全への配慮から、日本では航空法の一部を改正するなどの処置がとられ、ドローンをはじめとする無人飛行機の飛行に関する基本的なルールが制定されました。



ドローンもこの無人飛行機に分類されるわけですが、除外項目として重量(機体本体の重 量とバッテリーの重量の合計)200 g未満のものは、無人航空機では なく「模型航空機」に分類されています。

ですから、総重量が200g未満のドローンは、ホビードローンなどと呼ばれ、航空法の制約は受けないわけです。

テレビなどで放映されている映像を撮影していると思われるビデオカメラを搭載し、長時間の飛行を可能にするくらいの容量を持つバッテリーを搭載すれば200g未満ということはないですから、きちんと申請手続きをし、許可を取って飛ばしているものと思われます。

ネットショップなどでも販売されているホビードローンでも、軽量ながらスマホなどのようなカメラが搭載され、近距離であれば映像を無線で送信することの出来るものも多く販売されてます。室内用のものから、屋外で使えるものなど形状も様々です。

⇒  楽天でホビードローンを見る

これらホビードローンも空を飛ぶ機械で、あり、それなりの量があり、プロペラを回転させていますから、操縦者や周囲の人や物に当たれば軽微であっても危害を加える可能性はあります。

特に、屋外で飛ばす場合は、電線、車、線路のあるところでは飛ばさないなど注意が必要です。そのほかにも、場所によっては警察、地方公共団体、民間団体によって使用を制限されている場合もありますので注意しましょう。

ルールを守って使用すれば、その利用範囲、価値というのは今後も大きく広がりそうです。私達の生活を向上させるための道具として有望なものの一つだと思われます。

ドローンを操作するための免許というものは今のところは無いようですが、必要な知識、技術を修得したことを示す資格というものはいくつかあります。

〇 無人航空従事者試験(ドローン検定)
「ドローン検定協会」が主催する無人航空機に関する知識と技能を証明する民間の検定試験
〇 DPA操縦士資格
「一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)」が発行する資格 将来有望な資格
〇 JUIDAの操縦技能証明証と安全運航管理者証明証
一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が発行するこの資格
〇 DJI JAPANの認定資格
世界最大のドローンメーカーDJI社の日本法人が管理する「DJI CAMP」の卒業資格
〇 産業用マルチローター技能認定証
産業用の農薬散布ドローンを操縦する人に向けて、農林水産航空協会が運営している認定資格

実際にドローンを操作したり、将来ドローンを使ってビジネスをしたり、仕事に活用したいと考えている人もいらっしゃることと思います。そういう方は、比較的簡単なようでもルールや操縦法などきちんと身につけておくほうが得策ですし、資格でそれが証明されますので上記のいずれかの資格の取得を検討されることをオススメします。


日本ドローンアカデミー
JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定スクール

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする