ライトプラン 詳細はこちら

ウロコ取り器

一般家庭で、鯛やヒラメなどのうろこ取りからする家は少ないでしょうね。

魚を水揚げされた状態で購入することはまずないですし、魚屋さんで店頭で並んでいたとしても、調理して買うのが当たり前ですよね。



でも、釣り人が家族にいたり、漁師さんに知り合いがいたりすると、魚を家庭で捌くことがあるかもしれません。

そういう家庭では出刃包丁が必需品で、うろこ取り、頭を落としての3枚卸などを行う必要があるわけです。

この、うろこ取り、出刃包丁でできないことはないですが、包丁でするのは結構大変です。

うろこ取りも安価な物もありますが、結構周りにウロコが飛び散り、後片付けが大変になります。

大きなゴミ袋の中でウロコを落とすとか、シンクの中で水を流しながらウロコ取りをする方法もありますが、特に鯛などの硬いウロコや、ヒラメ、ハマチなどの小さなウロコを取るのは大変なものです。

そんな、ウロコを取る機会が多い人におすすめのうろこ取りを2つ紹介。

一つ目は

これは、「がまかつ」という釣具メーカーが開発したうろこ取り。

従来のウロコ取りのように引っ掻くようにウロコをはがさず、ウロコを浮かすようにとっていきますので、さほど力もいらずまとまってウロコが取れていきます。

そして、ウロコは飛び散らないのでスグレモノです。

もう一つは


ウロコ取り器 鱗トル

これは、原理は上のがまかつのウロコ取りと同じようなものですが、料理人が開発したうろこ取り。

がまかつのものより大型で広い面積を一気にウロコ取りができますし、四角の角の部分でヒレの際などもきれいに取ることができます。

どちらも、使ってみればわかりますが、他のウロコ取りでめんどくさかったウロコ取りがあっという間に片付いてしまうので、びっくりします。

ただ、どちらも少し高価ですから、魚を捌く機会が多い人におすすめですね。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする