ライトプラン 詳細はこちら

革財布

男性の場合、財布と言うと長財布という方が多いようです。

TPOで使い分ける方も多いようですが、必ず長財布は一つは持たれているのではないでしょうか。

特に社会人で、スーツを身につけてお仕事をする男性には長財布というのは必需品といえるかもしれません。

普段使いのお財布なら、寿命は1年と短いローテーションで買い換える方もいらっしゃいますが上質のものを大事に丁寧に使われている方も多いです。

私もレザーの長財布を長く使っていますが、シンプルな作りのものでアキが来ないデザインです。

レザーは牛皮です。

財布の素材としてのレザーは、多種ありますが、代表的なのは牛皮と馬皮ですね。その他にもワニ、蛇、豚、象、ダチョウなどの皮を利用したものもあります。

牛皮はカウレザー、馬皮はコードバン、ワニ皮はクロコダイル、ダチョウはオーストリッチなどと呼ばれていますから聞いたことはあるのではないでしょうか。



贈り物にしたり、自分用で特にこだわりが無いのであれば、皮は牛皮か、馬皮を選ぶことをオススメします。

特に牛皮は動物の体から剥いだものをそのまま使うことは無く、なめしという工程を入れてから整形していくのが一般的で、皮の種類だけでなく、このなめしの方法で皮の柔らかさ、使い安さ、耐久性などが変わってきます。

牛の皮は、胎内、生後6ヶ月以内、1年以内、生後2年のメス、生後2年の去勢されたオス、生後2年の去勢されていないオスといように分けられ、名前をつけて呼んでいます。

財布として使われる皮はカーフスキンと呼ばれる生後6ヶ月以内の子牛の皮、1年以内のキップスキン、生後2年までのメス牛のカウハイド、去勢したオス牛のステアハイドと呼ばれる皮まで広くありますが、若い牛の皮ほど希少性が高く高価になっています。

革製品の場合は、牛から剥いだ皮をそのまま使うことはありません。

柔らかくし、耐久性を持たせるためになめすという作業を経るわけです。このなめしという方法が特徴があり、それによってブランド化されていることもあります。

それぞれの皮、なめしによる特徴が財布に現れますので、自分好みを探すのもまた楽しいです。→男の財布

私のお気に入りはCOCOMEISTERのブライドルレザーで作ったあるフレーとウォレットという財布です。

ブライドルレザーというのは、生後2年未満のメス牛の皮(カウハイド)をタンニンなめしでなめし、仕上げにロウが染みこませてあります。

最初は、白い粉を吹いているようにも見えますが、ロウが浮き出ているだけで拭き取って使っている内に落着いてきました。

私はそれほど大金を持ち歩かないのとスーツの内ポケットに財布を入れることが多いので、マチの薄いものを選びましたが、同じシリーズでマチの多きいもの(ブライドル・インペリアウォレット)や、周囲をファスナーで囲ったもの(ブライドル・グランドウォレット)もあります。

財布の内部は、ヌメ革と呼ばれるタンニンでなめした後表面加工がしていない革で作られていて、最初は表とのコントラストが大きすぎるようにも思えましたが、使っていくと落着いた風合いになっています。

カードいれは11枚。

これだけあれば十分で、沢山のカードを入れないほうが財布にもやさしいと考えています。風水的には財布にはプラスチックのものは入れないほうがいいとも言われますから、私は出かけるときに、クレジットカード二枚とプリペイドカードを入れて出かける程度です。

私は小銭いれ(ファスナー部分)のついているものを使っていますが、小銭入れを別に持つなら無いタイプ→ブライドル・ブレンデルウォレットもあります。

小銭入れがあると、一緒にレシートなども入れっぱなしになるので、財布を大事に使うとか、風水的なことを考えるなら、一日の終わりには財布の中を整理して、いらないものは出すようにすることを心がけると、金運もよくなると聞いたことがあります。

そして、今、私が購入したいと思っているのがこのシェルコードバン・スタンフォード

この革は牛ではなく、馬の皮で、農耕馬の臀部から取れる革ですが、1頭から取れる量が少なく非常に希少性が高く、キングオブレザーと呼ばれています。

見ての通り、光沢があり、手触りも非常にツルッした感覚です。ブライドルレザーで作られた財布よりよりドレッシーな感じがあり、スーツに似合いそうです。

シェルコードバンというのは、アメリカのホーウィン社が作るコードバンのブランド名として知られていて、その最高級の皮革を表裏とも使用したこのスタンフォードモデルを持つことは私の夢でもあったわけです。

何とか近日中に購入しないと、このコードバンという革は非常に手に入り難いものらしく、中でもこのホーウィン社のシェルコードバンは入手が難しいらしいです。今後、ますます手に入らなくなるかもといわれています。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする