ライトプラン 詳細はこちら

スクラップブッキング

スクラップブッキング

あまり聞きなれない言葉ではありますね。

スクラップブックといえば、雑誌や新聞などの切抜きを貼って資料にした経験はあります。好きなスポーツ(私の場合は野球でしたが)の贔屓のチームや、選手の情報を切り抜いては貼って置いたりしたものです。

スクラップブックという形で売っているものは写真のような垢抜けないものでしたから、あまりアイドルの写真を貼ったりということはしなかったように思います。

このスクラップブッキングも似たようなものかなぁとも思っていましたが、簡単に言えば写真のアルバムとスクラップを合わせたような物のようです。

ただ写真を台紙に貼るだけでなく、ステッカーや無地のカラー用紙などを使い飾ったりして、その思い出なども書き加えて保存していくものだそうです。

⇒ スクラップブッキング材料

台紙には規格(12インチ四方)があり、綴れるアルバムもあるそうですね。

自分や、子供のアルバムを見ても、時間軸で写真がはってあり、書いてあるのは日付とイベント名くらいです。これはこれで見ることは楽しいのですが、他の人に見せる場合には説明が必要だったりします。

最近のママ達は、インスタグラムなどに写真とコメントをアップしていたりしますが、あれのペーパー版ということですね。

結婚式で見かけるウェルカムボードなどもこのスクラップブッキングの応用だそうです。

作品展などをすることもあるようです。

単なるスクラップと異なるのは、スクラップブッキングの定義にもなっている「写真をよりかわいく残す」と共に「長期保存を目指す」ということで、写真にやさしい専用素材を使うのだそうです。

私もちょっと気になりますので、本を購入してみることにしました。

孫の写真も沢山溜まってきましたので整理するのに良いのではと思いますね。

追記ー

スクラップブッキングが基礎から学べて資格が取れる講座がありました。

スクラップブッキング資格

資料請求は無料です。


Follow me!