ライトプラン 詳細はこちら

有酸素運動

人の行う運動の種類として有酸素運動と、無酸素運動があることはご存知のことと思います。

体を動かすためにはどちらも必要なのですが、有酸素運動は体内の糖質や脂肪を酸素とともに消費してエネルギーに変え、無酸素運動はグリコーゲンやクレアチリン酸を酸素を使わずエネルギーに変える運動となります。

スポーツ選手には、どちらの運動も必要であると言われます。

一般的には、健康維持の為に適度な有酸素運動を取り入れることがよいとされ、その運動は「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い間継続して行う運動」と紹介され、ジョギング、水泳、エアロバイクなどが良く紹介されています。

体内の糖質や脂肪を燃焼させるのでダイエット法としても取り入れられることはご存知のとおりです。

有酸素運動には心肺機能改善効果が認められていて、習慣病対策にも取り入れられています。

年齢を重ねながら、健康を保つためには1日20分程度の有酸素運動が勧められていますよ。

健康維持のためには自分で生活の中に取り入れて継続することが望ましいですが、なかなか習慣付けることも難しく、目標を決めてのダイエットなどはトレーニングジムに通ったり、パーソナルトレーナーにつく人が多いようです。( ⇒ ボディメイク )

Follow me!