スポンサーリンク

エアロゾル感染

健康
この記事は約2分で読めます。

世界中に猛威を振るっている新型コロナウィルス感染症。

専門的にはCOVID-19というらしいです。

このウィルスの感染は直接感染、接触感染で広まったので、
手洗い&うがいが大切と言われていました。

そんな中で、バスやタクシー、病室などでも
感染した患者さんが出て、空気感染が疑われました。

実際のところは判明していないようですが、

「空気中でウィルスと液滴が混ざって形成されるエアゾルが空気中に漂い、
これを吸入することで感染する」

というエアロゾル感染が疑われました。

ウィルスだけが空気中を漂い感染することとは厳密には異なるようですが、
私たち一般人にとっては同じようなものですね。

新型コロナウィルスの感染は、
目の前の人の咳やくしゃみを吸い込むことでおこる直接感染、
ウィルスを含む飛沫に汚染された場所の表面を触った手で
口や鼻、目を触れることによる接触感染で広がっているとされ、
このエアロゾル感染の可能性は極めて特殊な条件下
(医療現場での専門的な医療処置を行う場合)では
発生する可能性はあるとされていました。

その後、
「密閉された空間で、高濃度の汚染されたエアロゾルに
長時間晒された場合にはエアロゾル感染は起こり得る」とされました。

こうした定義はともかくとして、
私たちが気を付けるべきことは、
感染者がおう吐した場合と、
下痢をしている場合には
特に気を付けておく必要があるようです。

ノロウィルスの感染者対策と同じような消毒が必要らしいです。

それ以外での普段の私たちの対策としては、
免疫力を落とさないように食事や休息に気を付け、
手洗い、消毒、うがいに加え換気を適切に実施することが大切だそうですよ

タイトルとURLをコピーしました